太陽光発電投資をスタート【収益を増やすには投資を始めよう】

女性オペレーター

自然エネルギーに投資する

一軒家

施設の設置費用等

自然エネルギーで注目されている中に太陽光発電があります。これは、太陽光パネルという光を受けると発電する装置を設置して、発電された電力を電力会社に販売して利益をあげるという仕組みになっています。このような太陽光発電投資は、設備の設置費用と施設の運用コストに対して、売電できる電力量とその売電価格によって、投資効率が決まります。太陽光発電投資における設備の設置費用は、発電電力1kWあたりで比べることが多いですから、この単位でみてみます。先進諸外国では、1kWあたり1000ドル後半(20万円前後)といわれていますが、日本の場合には、事業者用でも20万円後半といくぶん高めです。これに、設置する土地代が加わります。設備の運用コストは、設備のメンテナンス代や保険料などかかりますが、それほど多額にはなりません。

発電量と売電価格

太陽光発電投資は、年々売電価格が下げられていて、これから始めるのでしたら1kWh(1kWの電力を1時間発電し続けた時の電力量)あたり25円前後です。そして、1kWの発電施設が1年間に発電できる電力量は、場所によって異なりますが、1000kWhから1300kWh程度だと推定できます。それでは、1000kWhとして1kWh25円で計算しますと、年間25,000円の売電金額が得られます。初期の太陽光発電投資が1kWhあたり20万円後半としますと、土地代を除いて元をとるのに10年ちょっとかかる計算になります。それでは、設置した施設の耐用年数はどのくらいなのか気になります。これは、太陽光パネルのメーカーによれば、一応20年のところが多いのですが、発電効率は落ちるものの20年以上発電し続けることも可能です。