太陽光発電投資をスタート【収益を増やすには投資を始めよう】

笑顔の男性

自然エネルギーに投資する

一軒家

太陽光発電投資は、初期の設備設置費用が投資費用の大半になります。利益は、発電した電力を売電することで得られます。現在の売電価格から計算してみますと、初期投資費用を回収するのに(土地代等を除いて)約10年かかります。そして、設備の稼働年数は20年が標準です。

詳細

不動産投資の選択肢

ソーラーパネル

太陽の光に投資する

太陽光を利用して収入を得るという話を聞いたらどう思われるでしょうか。そんな事が現実にあり得るのかと疑ってしまうかもしれませんよね。ですが、近年では太陽光発電投資という資産運用の方法にも注目が集まっています。太陽光発電投資とは、太陽の光を取り入れられる場所にソーラーパネルを設置し、発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことです。最近では一般家庭の屋根の上にソーラーパネルが設置されていて、使用電力を補うという使い方も一般的になってきました。太陽光発電投資は立地条件などをほとんど選びません。太陽の光が当たる場所であれば、山奥でも発電することが可能になります。また、長い期間の固定価格買取制度があるのも魅力の一つです。

地球にもお財布にも嬉しい

太陽光発電投資に関してグリーン投資減税を活用した場合、初期の投資額の負担を減らすこともできます。その結果、利回りが良くなるというメリットも期待できます。現在の不動産投資にはリスクが伴う場合が少なくありません。賃貸物件で家賃収入を得ようと思っても、立地条件などで空室のリスクや相場の変動ということにも目を向けなければなりません。長期間の固定価格で、ほぼ立地条件を選ばないという太陽光発電投資は、不動産投資の中でも好条件であるといえます。環境問題が取り上げられている現在、太陽光発電はクリーンなエネルギーといえます。地球にもお財布にもメリットが多い太陽光発電投資で、あなたも不動産投資を検討されてみてはいかがでしょうか。

太陽光発電による安定収益

太陽光パネル

太陽光発電投資が人気の理由として、安定収益が確保できることと土地を有効活用できることの2つがあります。しかし、今後は電力会社が売電を常に受け入れてくれるかに注意が必要となってきます。そこで、今後は新規参入の電力会社を売電先として選択肢にする方法が考えられます。

詳細

予算を組んでみよう

屋根

太陽光発電投資を行うためには、情報収集が重要となってきます。信ぴょう性のある情報を収集していきます。それから予算を組みます。初期費用がかかるため、自治体からの補助金なども考慮する必要があります。その上で元を取れるかどうか考えることが大切です。

詳細